沖縄の海を満喫するための5つの掟!

季節と沖縄での交通手段

沖縄の海を満喫するために欠かせない5つの掟は季節と交通手段、天候と服装、紫外線をしっかりと意識しておくことです。
1年中泳ぐことができると言われることがある沖縄ですが、遊泳可能な期間は3月から10月となっていることが一般的です。そのため、それ以外のタイミングでは折角行ったのに泳げない状態になってしまう可能性があります。遊泳目的であれば、立ち寄るビーチが遊泳可能な期間を確認しておくことが大切です。そんな沖縄には電車がなく、モノレールで移動できる距離は限られています。そのため、ビーチまでの移動手段は車やバスとなります。快適に移動をしたいのであれば、レンタカーを借りることが有効です。沖縄旅行の海を満喫したいのであれば、運転ができる人と一緒に行く方が良いでしょう。

天候と服装としておきたい紫外線対策

よく晴れていても突然スコールがくるなど、天候が変わりやすいのも沖縄の特徴のひとつです。それだけに、沖縄では常に雨具を持っておく方が良いでしょう。常に暖かいイメージがある沖縄ですが、季節によっては昼と夜の寒暖差が激しくなることがあります。更に、日差しがあるところでは暖かくても日陰に入ると肌寒さを感じることは珍しくありません。そのため、暖かいと感じる時でもいつでも手軽に羽織ることができるシャツなどを持っておく方が良いでしょう。寒さ対策と同時に、しっかりとしておきたいのが紫外線対策です。沖縄の日差しは想像以上に強く、日焼け止めを塗らなければ火傷のような状態になることもあります。それだけに、安心して海を満喫するためにはこまめに日焼け止めを塗ることが大切です。