憧れのスローライフを体験 五泊六日沖縄旅行!

本島は利便性も高くて丁度良い

沖縄に五泊六日の長めの旅行をする場合、あまりに開発されていない離島だと途中で飽きてしまう恐れがあります。そういった意味で、一泊や二泊の旅行ではなく長めの旅行をする際に一番おすすめな島は、様々な側面をもつ沖縄本島です。沖縄本島は、沖縄県の一部北に位置ある大きな島のため本州から短時間で来れますが、海に行けば本州の都市部の海とはまったく違うきれいな海を眺めたり、海水浴やダイビングを楽しむことが出来ます。また、レンタカーを借りたりして北部の丘陵・山岳地帯まで行けば、冬でも森林の中で様々な自然と触れ合うことが可能です。さらに那覇市あたりは生活環境・買い物環境も充実していますので、普段、都市に住んでいて便利な環境に慣れている人が生活で困ることも特にありません。

途中で久米島にも行ってみる

沖縄本島の約80km西には、夏季のみわずかに東京からの直行便は存在するものの、基本的には本州から来る場合は那覇空港を経由する必要がある久米島という離島があります。この離島は、距離的にはだいぶ離れていますが、那覇空港からは飛行機でわずか30分で到着する場所にあり、年間を通じて那覇空港から飛行機とフェリーにて行き来出来ます。そして、こちらの島は沖縄本島と比べると生活の利便性にはかけるため、五泊をすべてここで過ごすには向きませんが、開発が進んでいないため、よりスローな生活をしたい場合には良い島です。そのため、五泊のうち、一泊かか二泊はこの島の宿をとり、この島の空いている海水浴場や観光地でのんびり過ごすというプランもおすすめです。